HOME > ワンランク上の仕事術
「できる人」が取り入れている仕事の上でのHowToをご紹介
トラブルを未然に回避するリスクヘッジの重要性
トラブルを未然に回避するリスクヘッジの重要性
ビジネスにおいてトラブルは付き物です。ただ、失敗する可能性を認識しておきながら何の対策も施さないのは、みすみす好機を逸することにつながりかねません。リスクヘッジという言葉があるように、トラブルに対しては予防線を張り、未然…
詳しくはこちら
混同を避けて明確にすべき公私の境界線
混同を避けて明確にすべき公私の境界線
ビジネスとプライベートは分けて考えるべきであり、公私混同することは仕事をするうえでタブーとされています。業務時間中に仕事をサボったり、会社の経費を私用に使ったりするなどの行為はもってのほかです。また上司がプライベートで部…
詳しくはこちら
お詫びの気持ちが伝わる謝罪方法とは
お詫びの気持ちが伝わる謝罪方法とは
多くの仕事を抱えている社会人は、社内外問わず常に業務のミスをする可能性があります。当然、失敗をしないことに越したことはありませんが、仮に失敗した際は誠心誠意を尽くして謝るようにしましょう。お詫びの気持ちが伝わるか否かで、…
詳しくはこちら
KYな報連相の例とその処方箋
KYな報連相の例とその処方箋
「報連相」は新人・若手だけでなく、中堅クラスでもできていない人もいるビジネススキルです。報告・連絡・相談という行為にばかり気を取られるあまり、タイミングであったり、マナーであったりにきちんと気を配れない“KYな報連相”を…
詳しくはこちら
できる人の思考回路「ピンチはチャンス」
できる人の思考回路「ピンチはチャンス」
仕事をしているとミスや不手際によって苦境に立たされるシーンは誰にでもあるはずです。ただ、そうした場面こそ真価は問われるもの。ビジネスにおいて成功を収めている人はみな、「ピンチをチャンス」に変えてきました。当コラムでは、そ…
詳しくはこちら
ビジネスシーンで使える交渉術その2
ビジネスシーンで使える交渉術その2
本コラムのテーマはズバリ「好意」「好印象」。仕事で成功を収めるためにはビジネスパートナーから好かれることが重要です。そのための交渉テクニックとして、「熟知性の法則」「返報性の法則」「ミラーリング」「バックトラッキング」な…
詳しくはこちら
ビジネスシーンで使える交渉術その1
ビジネスシーンで使える交渉術その1
社外でも社内でもビジネスにおいて交渉の場は付き物。自分の意見や主張を貫くため、商談を成立させるために交渉のテクニックを身に付けることは不可欠です。今回は「一貫性の法則」「フット・イン・ザ・ドア」「ドア・イン・ザ・フェイス…
詳しくはこちら
成功をつかむための指標“ベンチマーク”とは
成功をつかむための指標“ベンチマーク”とは
“ベンチマーク”という言葉をご存知でしょうか? なかなか聞き慣れない人も多いかもしれませんが、ビジネスで成功するうえで重要な考え方の一つです。どの分野でも成果をあげるためには、ある程度の基準や目標を正確に定めることが重要…
詳しくはこちら
不明点に関する質問は社会人の基本事項
不明点に関する質問は社会人の基本事項
新入社員や社会人経験が浅い方にとって、上司や先輩に仕事の質問をすることはごく当たり前のことです。ただ、きちんとした質問の習慣を身に付けないと、わからないことを放置しがちになってしまいます。業務の不明点を解消することも歴と…
詳しくはこちら
押さえておきたいビジネスにおけるTPO
押さえておきたいビジネスにおけるTPO
社会人としての正しい対応を再確認するためのコラム「ビジネスマナー辞典」の第11回では、『押さえておきたいビジネスにおけるTPO』についてご紹介します。皆さんも「TPO」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。Ti…
詳しくはこちら

1 8 9 10 11 12 13 14 15

Copyright © 2019 HUMANTRUST All Right Reserved.