HOME > ワンランク上の仕事術
ワンランク上の仕事術
よりよい仕事をするための情報収集
よりよい仕事をするための情報収集
情報収集というと、何か知識やアイデアが必要になった際に「書籍やインターネットなどを使い情報を集めること」をイメージされるかと思います。しかし、よりよい仕事をするためには、情報が必要なとき以外でも常に新しい情報に対してアン…
詳しくはこちら
業務を円滑にする上手な指示とは
業務を円滑にする上手な指示とは
ビジネスは多くの人との連携によって成り立っているため、仕事を他人からお願いされたり、反対にお願いしたりすることは日常茶飯事です。自分だけで仕事を行うわけではないので、そうした他者を介す場合は“指示の正確さ”が非常に重要に…
詳しくはこちら
自己完結型から組織貢献型へのステップアップ
自己完結型から組織貢献型へのステップアップ
どの職場でも「自分はこんなに頑張っている」と自身の仕事ぶりばかりを主張する人がいます。確かに頑張っているし、自分なりに努力しているかもしれません。しかし、「何の役に立ち」「誰の仕事を助けているのか」をきちんと客観的に説明…
詳しくはこちら
相手への理解が埋めるジェネレーションギャップ
相手への理解が埋めるジェネレーションギャップ
世代によって物事の考え方や認識において違いが生じる「ジェネレーションギャップ」。特に創業何十年も続く大きな会社であれば、新入社員とベテラン社員の年齢差が離れているケースが多いだけに世代間の隔たりが生じてしまいがちです。そ…
詳しくはこちら
効率化を図るための“選択と集中”とは
効率化を図るための“選択と集中”とは
以前のコラムで「効率を重視したメリハリのある働き方」について紹介しましたが、効率化を図るための一つの手法として“選択と集中”があります。選択と集中とは、多種多様なキャリアの選択肢、スキル、資格、情報などの中から最適なもの…
詳しくはこちら
大人のビジネスマンになるための自責の念とは
大人のビジネスマンになるための自責の念とは
仕事をするうえで責任の所在について意識したことはありますか? 仕事とは自身の業務の対価としてお客様からお金をもらうことです。そのため、お金をもらうにふさわしい成果を提供する責任がありますが、すべての物事がうまくいくわけで…
詳しくはこちら
社会人としての自覚を持つために必要なこと
社会人としての自覚を持つために必要なこと
上司や先輩から「社会人としての自覚を持て」と叱られた経験はありませんか? 端的に社会人の自覚とは何かということを説明するのには難しいものがありますが、「自立」や「自己責任」という言葉に紐付いていることは間違いありません。…
詳しくはこちら
相手を不快にさせない上手な断り方
相手を不快にさせない上手な断り方
飲み会、カラオケ、ゴルフ、ランニング、BBQ、釣り、登山―――。取引先や仕事絡みで知り合った人、上司や同僚など、社会人は社内外問わずさまざまなお誘いを受けます。しかし、中には気の進まないものや、スケジュールや予算的に参加…
詳しくはこちら
社会で生き抜くために求められる協調性とは
社会で生き抜くために求められる協調性とは
世の中にたった一人ですべてが完結する仕事はほとんどありません。多くの仕事は複数の関係者と連携しながら進行するため、ビジネスシーンでは周囲の人に合わせる「協調性」が求められます。そのため、独りよがりな行動をとる人は、企業や…
詳しくはこちら
上司への意見をトラブルなく穏便に伝える方法
上司への意見をトラブルなく穏便に伝える方法
上司といえども人間なので、ミスもすれば、判断を間違えるときもあるでしょう。そんなとき、部下であるあなたが上司に正論で意見したり、間違いを指摘したりしなければならないケースがあります。上司の方が年齢もキャリアも上であること…
詳しくはこちら

1 10 11 12 13 14 15

Copyright © 2020 HUMANTRUST All Right Reserved.