HOME > ワンランク上の仕事術
「できる人」が取り入れている仕事の上でのHowToをご紹介
仕事をスムーズにする共通言語・共通認識
仕事をスムーズにする共通言語・共通認識

仕事を進めて行くうえでよく報告・連絡・相談という、いわゆる「報連相」が重要だといわれます。この言葉は基本的には部下が上司に対して行うものですが、仕事を円滑に進めるためには、縦だけではなく横、つまり周囲のメンバーとの連携も…

詳しくはこちら
無責任の象徴“丸投げ仕事”を卒業しよう
無責任の象徴“丸投げ仕事”を卒業しよう

「依頼が雑」「手抜きしている」と感じられる、俗にいう“丸投げ仕事”。仕事を依頼される側であれば一度はそういった仕事を請け負ったことがあるかと思います。自分で責任を持たずに相手にすべてを任せてしまうのは、社会人として働くう…

詳しくはこちら
脱却すべき“つもり”止まりの行動
脱却すべき“つもり”止まりの行動

自分ではものすごく頑張ったつもりでも「周囲からはあまり評価されていない」という経験をお持ちの方も多いかと思います。その原因は、仕事をした“つもり”になっていることかもしれません。そもそも仕事に対する評価は他者が判断するも…

詳しくはこちら
ビジネスの御法度“知ったかぶり”の落とし穴
ビジネスの御法度“知ったかぶり”の落とし穴

どの集団にも適当に話を合わせて切り抜けようとする“知ったかぶり”をする人が少なからずいるようです。ただ、知ったかぶりは「百害あって一利なし」とはいい過ぎですが、周囲からあまりいい印象を得られないことは間違いありません。そ…

詳しくはこちら
できる人が実践している自己ブランディング
できる人が実践している自己ブランディング

人間関係の構築がうまく、相手と良好な関係を保てている人は、“仕事ができる人”と周りから良い印象を受けている傾向にあります。これは社内外問わず共通しています。つまり、ビジネスにおいて「相手からどのように思われるか」というこ…

詳しくはこちら
よりよい仕事をするための情報収集
よりよい仕事をするための情報収集

情報収集というと、何か知識やアイデアが必要になった際に「書籍やインターネットなどを使い情報を集めること」をイメージされるかと思います。しかし、よりよい仕事をするためには、情報が必要なとき以外でも常に新しい情報に対してアン…

詳しくはこちら
業務を円滑にする上手な指示とは
業務を円滑にする上手な指示とは

ビジネスは多くの人との連携によって成り立っているため、仕事を他人からお願いされたり、反対にお願いしたりすることは日常茶飯事です。自分だけで仕事を行うわけではないので、そうした他者を介す場合は“指示の正確さ”が非常に重要に…

詳しくはこちら
自己完結型から組織貢献型へのステップアップ
自己完結型から組織貢献型へのステップアップ

どの職場でも「自分はこんなに頑張っている」と自身の仕事ぶりばかりを主張する人がいます。確かに頑張っているし、自分なりに努力しているかもしれません。しかし、「何の役に立ち」「誰の仕事を助けているのか」をきちんと客観的に説明…

詳しくはこちら
相手への理解が埋めるジェネレーションギャップ
相手への理解が埋めるジェネレーションギャップ

世代によって物事の考え方や認識において違いが生じる「ジェネレーションギャップ」。特に創業何十年も続く大きな会社であれば、新入社員とベテラン社員の年齢差が離れているケースが多いだけに世代間の隔たりが生じてしまいがちです。そ…

詳しくはこちら
効率化を図るための“選択と集中”とは
効率化を図るための“選択と集中”とは

以前のコラムで「効率を重視したメリハリのある働き方」について紹介しましたが、効率化を図るための一つの手法として“選択と集中”があります。選択と集中とは、多種多様なキャリアの選択肢、スキル、資格、情報などの中から最適なもの…

詳しくはこちら

1 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

Copyright © 2019 HUMANTRUST All Right Reserved.