HOME > ワンランク上の仕事術
ワンランク上の仕事術
時短マネジメントの導入で目指す“ノー残業”
世界各国から“真面目で勤勉”というイメージを持たれている日本人ですが、そのような印象を与える要因の1つとして「働く姿勢」が挙げられるでしょう。しかし、その姿勢が評価される一方で“働きすぎ”というネガティブなイメージもある…
詳しくはこちら
フレームワークの導入で無駄のない仕事の実現を
社会人として業務を遂行するうえで重要になるのは、限られた時間の中で最大限のパフォーマンスを発揮することです。もちろん、業務において成果を上げるために深く考察することは不可欠ですが、多くの時間を悩むことに費やしてしまうとな…
詳しくはこちら
伝え方1つで印象が変わる「自己紹介」の仕方
新入社員に限らず、すでに社会で活躍しているビジネスマンでも自己紹介が苦手という方は多く見受けられます。しかし、人事異動や転職など、新卒入社以外の場面でも何かと自己紹介をする機会は多いだけに、まずは自身について相手にわかり…
詳しくはこちら
働くうえで不可欠な3つの「社会人基礎力」とは
社会人として成功を収めるための手段として、「スキル」「ノウハウ」を身につけることに意識が傾きがちですが、その応用だけで乗り切れるほど社会は甘くなく、それだけで大成できるとは限りません。社会にうまく順応して欠かせない戦力と…
詳しくはこちら
評価される人が実践している“見せ方の工夫”とは
例えば同期との比較の際に顕著かもしれませんが、同じような成果を上げているのに一方は評価され、もう一方はあまり評価されないというケースはよくあることです。それぞれの間に大きな実力差があるというわけではないのに、どうして評価…
詳しくはこちら
“聞く耳”を持って周囲の声を真摯に受け止めよう
どんな集団においても “ああ言えばこう言う”タイプの聞く耳を持たない人はいるものです。何を言っても響かず、頑固で素直さが見られない態度ばかりをとっていると、周囲の印象が悪くなってしまうこともあります。「周囲からの助言は金…
詳しくはこちら
後回し癖の脱却のための「すぐ実践」思考とは
やらなければいけない業務を後回しにしてしまい、周囲に迷惑をかけたり、納期を遅延してしまったりという経験は誰にでも少なからずあるでしょう。しかし、そうした行動は周囲からの信頼を失うことにつながるので、極力避けたいところです…
詳しくはこちら
成果を発揮する人の行動特性「コンピテンシー」
近年、大きな成果をあげるための概念として「コンピテンシー」という言葉がトレンドとなりつつあります。しかし、コンピテンシーという言葉だけが独り歩きし、本来の意味合いとは異なる認識をされていることが問題視される一面もあります…
詳しくはこちら
明確な意思によって養われる仕事のプロ意識
ある程度仕事に慣れてくると、新人の時期に多くの時間がかかっていた業務を短縮できるなど“要領をつかんだ対応”ができるようになります。しかし、円滑に仕事を進められるというメリットがある反面、慣れてくることで何も考えずに漠然と…
詳しくはこちら
社会で高く評価される人が持つ柔軟性・適応力
会社内で出世頭となる人材は例外なく優秀な人材である、と考える方も多いかと思います。もちろん能力は重要な要素ですが、いくら仕事ができるからといって、それだけで会社から評価されるわけではありません。仕事は多くの人が関わり合う…
詳しくはこちら

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 15

Copyright © 2024 HUMANTRUST All Right Reserved.