HOME > ワンランク上の仕事術
ワンランク上の仕事術
背筋を伸ばすことで変わる仕事の態度と姿勢
スマホやPCの普及率が高まっていることも影響しているのか、日本人は姿勢が悪く猫背気味の人が多いと言われています。体が丸まった状態だと、人間の本来持っているポテンシャルを発揮しきれないとの見方もあり、ビジネスシーンにおいて…
詳しくはこちら
意外と盲点!職場や電話での声のトーン・大きさ
電話対応をしている際に相手の声がなぜか気になったり、妙な不快感を覚えてしまったりすることはありませんか。電話での会話は、その仕方によって相手が受ける印象が大きく異なることもあります。そのため、相手に対してネガティブな印象…
詳しくはこちら
否定・断りでは終わらない!代替案の提示の仕方
仕事をしていれば自分にとって不都合なタイミングでの依頼や誘いがあるものです。相手に合わせるのも仕事のうちですが、すべてを相手の要望通りにしてしまうと自分のリソースを割かれたり、プライベートを犠牲にすることになってしまいま…
詳しくはこちら
仕事のできる人が自身のノウハウを公開する理由
仕事を円滑に進めるうえでの近道の1つとして、成功者のノウハウを自身の行動に取り入れることが挙げられます。なぜなら、すでに成功している人のやり方を踏襲することでうまくいく可能性が高まるからです。そうした成功の秘訣とも言える…
詳しくはこちら
メール術活用で印象づける「仕事ができる人」の評価
仕事を迅速に、そして円滑に行うために多くの企業がメールを活用しています。遠隔の相手にデータを送信したり、口頭や電話より確実にエビデンスを残せたりするなど、メールはビジネス活用においてさまざまなメリットがあります。そんな現…
詳しくはこちら
積極的なリカレント教育で“生涯学習”の実践を
日本において教育とは学生が受けるものであり、就労しているビジネスマンは座学よりも実践で使えるスキルを身につけることが求められます。しかし、高度に情報化した現代では、知識面においても常に新しい情報をアップデートしなければ時…
詳しくはこちら
社会の一員として習得すべきスマホリテラシー
日本でコミュニケーションの手段としてスマートフォンを持ち合わせている人は約8割になりました。もはや若者はもちろんのこと、すべての世代にとって必需品となったことは明らかです。ビジネスシーンにおいてもスマホの利用はごく当たり…
詳しくはこちら
上役への気遣いに終始してはならない“社会での忖度”
とある国会の答弁から波及し、2017年の新語・流行語大賞にも輝いた言葉があります。すでに多くの方にとってお馴染みとなった「忖度(そんたく)」という言葉です。相手の気持ちを推し量ることを意味する忖度は、ビジネスシーンでも多…
詳しくはこちら
時短マネジメントの導入で目指す“ノー残業”
世界各国から“真面目で勤勉”というイメージを持たれている日本人ですが、そのような印象を与える要因の1つとして「働く姿勢」が挙げられるでしょう。しかし、その姿勢が評価される一方で“働きすぎ”というネガティブなイメージもある…
詳しくはこちら
フレームワークの導入で無駄のない仕事の実現を
社会人として業務を遂行するうえで重要になるのは、限られた時間の中で最大限のパフォーマンスを発揮することです。もちろん、業務において成果を上げるために深く考察することは不可欠ですが、多くの時間を悩むことに費やしてしまうとな…
詳しくはこちら

1 2 3 4 5 6 7 8 9 15

Copyright © 2024 HUMANTRUST All Right Reserved.