HOME > ワンランク上の仕事術
ワンランク上の仕事術
ギバー(与える人)が成功を収める理由
「ギブ&テイク」という言葉があります。この言葉の意味を「何かを与えたら、見返りに何かをもらう」というように損得勘定の対等な関係性、と捉えている方が多いかと思いますが、本来の意味は違っているようです。日本語的に意訳すると、…
詳しくはこちら
仕事をスムーズにする共通言語・共通認識
仕事をスムーズにする共通言語・共通認識 仕事を進めて行くうえでよく報告・連絡・相談という、いわゆる「報連相」が重要だといわれます。この言葉は基本的には部下が上司に対して行うものですが、仕事を円滑に進めるためには、縦だけで…
詳しくはこちら
わからない状態を放置することからの卒業
仕事をしていれば、1つや2つはわからないことが出てくるものです。しかし、よくわからないことを認識した時点で人に聞くなり、調べるなりして解決するのと、そのままわからない状態で放置するのでは社会人としては“雲泥の差”がありま…
詳しくはこちら
ミスした際の最適な対処法とNGな対応
ミスした際の最適な対処法とNGな対応 仕事をしていればミスはつきものです。ただ、ミスをした際にもっとも重要なことは、“リカバリーのためにいかに行動するか”ということです。ミスはよくないことですが、ミスしたなりにできること…
詳しくはこちら
「僕」「私」「自分」面接で好印象を与える一人称とは?
「僕」「私」「自分」面接で好印象を与える一人称とは? 一人称は「僕」「私」「自分」など様々ですが、一人称により面接官にマイナス評価をされてしまうことがあります。面接官にプラスの評価をしてもらうために、面接時の正しい一人称…
詳しくはこちら
仕事を自分事として捉えるための当事者意識
仕事でトラブルが起こった際、自分には関係ないと責任を放棄してしまう方が少なからずいます。しかし、問題が生じた際は最終的には誰かが向き合って解決するしかなく、それを面倒臭がっていると仕事が滞ってしまいます。そのため、仕事を…
詳しくはこちら
仕事を成功に導く「周囲を巻き込む力」の重要性
非常に優秀な人材ですべての仕事をてきぱきとこなせる人は、当然ながら企業において重宝される存在です。そして仕事が大きくなればなるほど、多くのステークホルダーと関わることになります。そのため、本人が優秀であっても、周囲と足並…
詳しくはこちら
社会人としての自覚を持つために必要なこと
社会人としての自覚を持つために必要なこと 上司や先輩から「社会人としての自覚を持て」と叱られた経験はありませんか?社会人の自覚とは何かと説明するのは難しいものがありますが、「自立」や「自己責任」という言葉に紐付いているこ…
詳しくはこちら
「当社」と「弊社」の違いと使い分け
人前で自分の会社のことを話す時、どんな言葉を使っていますか?当社、弊社、小社、自社など、様々な呼び方があります。中でも特に、「当社」と「弊社」は、普段何気なく使っているけれどこの二つがどう違うのか厳密には知らない、という…
詳しくはこちら
「ご苦労さまです」と「お疲れ様です」の使い分け
「ご苦労様です」と「お疲れ様です」の使い分け 社会人になると、感謝やねぎらいの言葉で「ご苦労様です」と「お疲れ様です」をよく使うようになります。この二つの意味の違いを説明できますか。誤って使用すると、相手に不快な思いをさ…
詳しくはこちら

1 2 3 4 5 6 7 15

Copyright © 2024 HUMANTRUST All Right Reserved.