HOME > ワンランク上の仕事術 > 「僕」「私」「自分」面接で好印象を与える一人称とは?

「僕」「私」「自分」面接で好印象を与える一人称とは?

一人称には「僕」「私」「自分」など様々な呼び方があますが、一人称によっては面接官にマイナスの評価をされてしまうこともあります。面接官にプラスの評価をしてもらうために、面接時の正しい一人称の呼び方をご紹介します。

面接では「私」と呼ぶのが正解

一人称を「僕」や「自分」と呼ぶ人がいますが、面接で使用することには問題ないのでしょうか?実は面接では一人称を「私」で統一することが正解です。面接に限らず、ビジネスシーンでは一般的に私を使用しますので、普段から「私」に慣れておいたほうがいいでしょう。

なお、「わたし」と「わたくし」はどちらでも大丈夫ですので、呼びやすい方でクセをつけてしまうのが良いと思います。

「僕」や「自分」と呼ぶのはマナー違反?

どうしても「私」を使用するのに違和感があり、「僕」や「自分」を使用してしまう人がいますが、マナー違反なので気をつけましょう。

特に「僕」という言葉は対等な相手、もしくは自信よりも身分の低い人に対して使用する言葉ですので、面接官など目上の人に対して使用することは失礼に当たります。面接官にマイナス評価をされないためにも、使用は控えるべきでしょう。

ただし、ビジネスシーンでも「僕」や「自分」を使用する人はいます。上司との飲み会の場や、とても仲の良いお客様と話すときなど、シーンや話す相手のよっては使用しても大丈夫な場面があります。しかし、面接は採用すべきかどうかを判断される場なので、「僕」や「自分」と呼ぶことは避けるのが無難と言えるでしょう。また、普段から意識して「私」を使用して慣れておかないと、いざ面接の時に、つい普段使用している一人称が出てしまうこともありますし、「私」を使用するのに気持ちが集中してしまい、肝心の内容がうまく伝えられなくなるかもしれません。

「僕」や「自分」を使用することで面接に落ちる可能性も

面接の「僕」や「自分」を使用すると、それがきっかけで面接に落ちてしまうこともあります。

面接は、面接官からするとその人を採用することが企業にとって有益かどうかを判断する場で、求職者にとっては自分を採用することのメリットを伝える場です。面接という自分をアピールする場で正しい敬語が使えないと判断されてしまうと、採用した後も正しい敬語が使えない可能性があると評価されてしまう危険性があります。面接の内容がよくても、敬語ができないことでマイナスの評価をされてしまうことは非常にもったいないことです。特に社外の人と接する機会がある仕事の場合は、その人の言動が会社の評判を決めかねないので、より厳しく見られます。

正しく敬語を使用することで、マイナス評価を避けるだけでなくプラス評価を得ることができます。敬語を使いこなしていればしっかりとした印象を面接官に与えることができますし、正しく敬語が使えていない他の求職者との差別化になることもあります。面接を突破するためにも「私」に慣れておきましょう。

2016/04/06 更新

Copyright © 2019 HUMANTRUST All Right Reserved.