HOME > ワンランク上の仕事術 > 働くうえで不可欠な3つの「社会人基礎力」とは

働くうえで不可欠な3つの「社会人基礎力」とは

働くうえで不可欠な3つの「社会人基礎力」とは

社会人として成功を収めるための手段として、「スキル」「ノウハウ」を身につけることに意識が傾きがちですが、その応用だけで乗り切れるほど社会は甘くなく、それだけで大成できるとは限りません。社会にうまく順応して欠かせない戦力となるためには、まずは“社会人としての基礎力”を身につけることが先決となるでしょう。今回は経済産業省が提唱している「社会人基礎力」をもとに、新社会人が社会に順応し活躍するために必要な能力について注目します。

経済産業省が提唱した社会人基礎力とは

勉強においても、スポーツにおいても、どの分野においても成功を収めるためには、まずは基礎を固めることが大切です。なぜなら応用は基礎の土台の上にしか積み上げることができないからです。基礎が身につかないままに応用の「スキル」や「ノウハウ」をうまく活用することは難しいと考えられます。それは当然ながら社会においても同様です。そのため、社会人として活躍するためにはまずは基礎を身につけることが先決です。

社会で活躍するための基礎力としては、経済産業省が2006年から提唱している「社会人基礎力」が1つの指標となります。「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」として、「前に進み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」の3つの能力を育成、さらに人間性、基本的な生活習慣を身につけることで、今、持っている基礎学力と専門知識をより活用するという狙いがあります。

● 前に踏み出す力(アクション)
  1. 主体性(物事に進んで取り組む力)
  2. 働きかけ力(他人に働きかけ巻き込む力)
  3. 実行力(目的を設定し確実に行動する力)

● 考え抜く力(シンキング)
  4. 課題発見力(現状を分析し目的や課題を明らかにする力)
  5. 計画力(課題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する力)
  6. 創造力(新しい価値を生み出す力)

● チームで働く力(チームワーク)
  7. 発信力(自分の意見をわかりやすく伝える力)
  8. 傾聴力(相手の意見を丁寧に聴く力)
  9. 柔軟性(意見の違いや立場の違いを理解する力)
  10. 状況把握力(自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力)
  11. 規律性(社会のルールや人との約束を守る力)
  12. ストレスコントロール力(ストレスの発生源の対応する力)

「前に進み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」は、それぞれを構成する12の要素に分けられます。この12の要素を理解し身につけることが、学生時代や仕事をしていくうえで身につけた基礎学力、専門知識をより活用することにつながると考えられています。

基礎学力と専門知識をつなぐ社会人基礎力

基礎学力や専門知識を突き詰めていくことはもちろん重要ですが、社会人として活躍するには、“それらの能力をどう活かすか”がもっとも重要なポイントです。基礎学力と専門知識が高かったとしても、持てる能力をどの場面、どのタイミングで活用するかを心得ていなければ、うまく活用することはできません。

たとえば、何か問題が発生したときに多くの人はまず解決策を探してしまいがちです。しかし、実際にはまずしっかりと現状分析を行い、課題点を発見しなければ具体的な解決策を導き出すことはできないでしょう。社会人基礎力を身につけ、筋道を立てて考えることができるようになれば、今、何をすべきなのかがより明確になります。

また、どんなに高い能力を有していても、1人だけでは大きな仕事を成し遂げられません。周囲の協力を得ながらチームでぶつかっていくことで、1を10にも20にもすることができるものです。そのためには対立を避けながら周りを動かす力、いざというときに適切な行動をする実行力が必要となります。このようにどの場面、どのタイミングで基礎学力や専門知識を発揮するかを明確にする力こそが、社会人基礎力なのです。

社会で活躍するために身につけておくべきチカラ

社会で活躍するためにはビジネスシーンに順応することが第一であり、そのために欠かせないのが社会人基礎力です。学校の成績が優秀な高学歴の方が必ずしも社会で成功できているわけではないという事実こそが、社会人基礎力の重要さを物語っています。持てる力を存分に発揮するためにも、まずは基礎を疎かにしてはいけないということなります。

目的意識を持ち、適切なタイミングで最高の結果を出すためのアクション。今、何をすべきなのかを徹底的に考え抜くシンキング。そして周りを巻き込み、個ではなく集団の力を発揮させるためのチームワーク。どれも重要なだけに、その3つの社会人基礎力をすべて意識して働くことが成功の鍵だと言えるでしょう。

2018/01/17 更新

Copyright © 2019 HUMANTRUST All Right Reserved.