HOME > ワンランク上の仕事術 > 常に意識すべき業務における目的(ゴール)

常に意識すべき業務における目的(ゴール)

常に意識すべき業務における目的(ゴール)

「自分は何のために仕事をしているのだろう」と時には業務において迷いや悩みが生じることもあるでしょう。ただ、それは漠然と仕事をしていることが一つの要因として挙げられます。仕事で成功を収めるためには、常に目的(ゴール)を意識することが大切です。

指示されたことをこなすだけが仕事ではありません

「追われる仕事ではなく“追う仕事”を」で紹介しましたが、仕事を楽しむコツの一つは“追う仕事”をすることです。仕事は指示されたことを忠実にこなすことだけがすべてではありません。業務について主体的に考え、自身のアイデアを実践することにこそ楽しみがあるといえるでしょう。

そして、いわゆる“追う仕事”を行ううえで重要になるのが「目的意識」を持つことです。自分がやっている業務が「何で」「何のために」行われているかをきちんと理解しているのと、そうでないのとでは仕事と向き合う際の意識が違います。いわれたことを着実にこなすことは重要ですが、同時に行っている業務の意味や目的を理解できれば、仕事に取り組むための視野が2倍も3倍も広くなるのを実感できるでしょう。

新人の際は「いわれたことしかやらない」と先輩や上司から怒られることもあるかと思いますが、その理由は“できないから”怒っているのではなく、“考えていないから”怒っているのです。目的意識を持つことで自ずと「何で」「何のために」を考えるようになります。そうすることで周囲から見てもちゃんと考えて仕事をしているという印象を持たれるようになるはずです。

前工程・後工程をイメージすることで広がる視野

仕事に対して目的意識をきちんと持って対応することで、自ずと次に自身の行っている業務の前後の工程が気になるフェーズに入ります。指示された目の前にある業務だけでなく、事業としてどのようなゴールに向かっていて、今はどの地点にいるかにまで興味の範囲が及ぶようになります。

仕事は「前工程→自工程→後工程」という流れで進行します。自身の業務だけで完結する仕事の方が珍しいといえるでしょう。そのため、自分たちの前工程でどんな作業が発生していて、どのような苦労があるかを理解していることで、他のメンバーの仕事領域をカバーすることもできます。また、後工程について把握していることで、迷惑のかからない対応を先回りして考えることもできるのです。

自身の前後の作業者が何を考え、何を求めているのかをしっかり認識していることで、社内満足度の高い対応ができるようになります。社内のニーズに応えることができることで、全体の生産性を高めることに貢献でき、さらに大きくいえば社会貢献にも役立つことも――。目的意識を持つことから考えを派生させることで仕事の視野を大きく広げることも可能だといえます。

視野が広がることで見えてくる次なる目的意識

目的意識を持ち、他人の業務が見えることで視野が広がります。視野が広がるとその先に何が待っているかを想起するようになります。そして最終的には“仕事における見えている景色”が変わることで新たな達成意欲が生まれ、次なる目的意識が芽生えるのです。

より高みに設定した目的意識を持つことで、さらに広範囲の業務に携わることになり、多くの人と関わるようになります。つまり一つの目的意識を持って取り組むことで仕事の幅が広がり、業務領域を広げることで自身の幅も人とのつながりの輪もより大きくすることも――大げさないい方ですが、最終的には人生をより豊かにすることにもつながります。

目の前の業務に追われてばかりいると、仕事全体を見ることはできません。急に広い視野を手に入れることも当然できないので、まずはやるべきことに目的意識を持つことが大切です。一つひとつの課題をクリアしていくことによって視野を広げ、より高い目標を掲げることで、気づかぬうちに人としての成長も遂げていることでしょう。

2016/04/18 更新

Copyright © 2019 HUMANTRUST All Right Reserved.