HOME > ワンランク上の仕事術 > 徹底すべき正しい挨拶の仕方と言葉遣いとは?

徹底すべき正しい挨拶の仕方と言葉遣いとは?

徹底すべき正しい挨拶の仕方と言葉遣いとは?

当たり前のことゆえに、重要さを見過ごしてしまいがちな挨拶ですが、社会人としての基本中の基本といえます。そして、挨拶自体はもちろん、場面ごとに適切な言葉遣いができているか否かで、相手に与える印象も大きく変わってくるでしょう。いくら仕事ができたとしても礼儀がなってなければ、一人前の社会人とは呼べません。

好印象を与える挨拶を心がけましょう

社会人経験を積んでいる方にとっては“当たり前”のことかもしれないですが、実際に職場や取引先で正しい挨拶ができていない人は意外と多いようです。まずは挨拶の基本をしっかりと抑えることで、相手に好印象を持ってもらえるようにしましょう。印象がよくなることで仕事もより円滑に進められます。

【挨拶をする際の基本3項目】

  1. 相手の目をしっかり見て、笑顔をつくりましょう
  2. はっきりとした口調で、相手が聞き取りやすい声で挨拶しましょう
  3. しっかりとお辞儀をして、相手に敬意を表しましょう

上記の内容は日本人なら当然といえることかもしれませんが、きちんと行えていないと態度が悪く見えたり、ビジネスパートナーとして信頼してもらえなかったりするケースもあります。挨拶がきちんとできないだけで、“社会人として失格のレッテル”を貼られてしまったら、実にもったいない話でしょう。

また、挨拶は場面によって使い分けることも大切です。お得意先や派遣先などではかしこまった挨拶が重要ですが、いつも会っている会社の同僚らにはそこまでかしこまる必要はないでしょう。逆にかしこまりすぎることによって、相手に距離感を感じさせてしまったり、とっつきにくい印象を与えたりしかねません。場面ごとに相手に合わせた適切な挨拶をすることが求められるのです。

丁寧な言葉遣いは相手への“気遣いの想い

挨拶をするということは基本的なことですが、その際の言葉遣いにも気を配りたいところです。かけた言葉のちょっとした違いによって、「丁寧な人だな」と評価が上がったり、「言葉遣いが乱暴な人」と悪いイメージがついてしまったりします。挨拶の際にかける言葉は、相手への“気遣いの想い”です。安心感や信頼感を与える言葉遣いをすることを心がけましょう。

まずは同じ現場や社内で働くメンバーに対してやお得意先・派遣先など外部の方に対して以下のような挨拶の徹底が求められます。

【社会人としての基本的な挨拶10項目】

  1. .出社時:「おはようございます」
  2. 外出時:「行ってきます」
  3. 帰社時:「ただいま戻りました」
  4. 帰宅時:「お先に失礼します」
  5. 他の社員の外出時:「行ってらっしゃい」
  6. 他の社員の帰社時:「お帰りなさい」
  7. 他の社員の帰宅時:「お疲れ様です」
  8. 入室時:「失礼します」
  9. 退室時:「失礼しました」
  10. 「よろしくお願いします」

もちろん挨拶は上記以外にもありますが、まずは使用頻度の高い基本10項目を抑えておきましょう。状況に応じて伝わりやすい声で挨拶することで、周囲にいい影響を与えます。仕事全体にいい効果をもたらすためにも率先して相手への“気遣いの想い”を示すことを心がけましょう。

すべてのコミュニケーションに通じるのが挨拶

技術革新によってPCやタブレット、スマートフォンなどのデバイスの性能は日に日に向上している昨今。コミュニケーションツールが多様化し、直接顔を合わせなくても意思疎通が可能になってきていますが、人と人がやり取りするうえで挨拶が必要なくなることはないでしょう。

コミュニケーションを取るうえの最初のステップが挨拶であり、第一印象を決めたり、相手のとの距離感を縮めたりするのに役立ちます。特に新人の間や社会復帰して間もない時などは、最初から仕事をバリバリとこなすのは非常に難しいでしょう。だからこそまずは“挨拶から一人前になる”ことが大切です。社会人として働くうえで、コミュニケーションスキルはどの業種でも必須の項目だといえます。明日からできる、変えられる仕事に対する心構えを一つあげるとしたら、挨拶以外に他ならないでしょう。

2016/04/07 更新

Copyright © 2019 HUMANTRUST All Right Reserved.