HOME > ワンランク上の仕事術 > 「了解しました」は敬語じゃない?目上の人に対する正しい使い方

「了解しました」は敬語じゃない?目上の人に対する正しい使い方

「了解しました」は敬語じゃない?目上の人に対する正しい使い方。上司や社外の人のメールに、「了解しました」と返信してしまったことはありますか?友だちの間ではよく使われる「了解」という言葉ですが、実は上司に対して使うのは失礼にあたる言葉です。

目上の人には失礼にあたる。

「了解」とは、本来「事情を理解し、認めること」という意味です。そこから、目上の人が目下の人に許可を与える時に使う言葉になりました。したがって、目上の人や社外の人に使うのは失礼にあたります。「了解いたしました」と、語尾を丁寧にすればよいのでは、と思う人もいるかもしれません。しかし、「了解」という言葉自体、目上の人に使うのに適切ではありません。また、「了解」は、無線で内容を聞いた際に答える言葉でもあります。そのことから、人によってはぶっきらぼうで、事務的な印象を持つ場合もあります。

本来の意味からも、「了解」という言葉の印象からも、目上の人に使わないのがマナーです。知らずに使うと、「非常識だな」と思われてしまうかもしれません。

上司や先輩に対しては「承知致しました」や「分かりました」と答える。

目上の人に答える際は、「承知致しました」や「分かりました」が正解です。上司だけでなく社外の人にも使えますし、書き言葉、話し言葉どちらでも使えます。例えばメールの返信で「納期前倒しの件、承知致しました。」のように使うと、しっかり伝わっているという印象を与えることができます。「承知致しました。」で終わってしまうことに違和感がある人は、親しみやすさを出すために最後に一言加えるといいでしょう。例えば、「納期前倒しの件、承知致しました。ご指定の日程に納品できるよう尽力致します。」のように事務的なイメージが薄れると思います。上司やお客様に対して「分かりました」でも問題はないので、距離の近い人、距離を縮めたい人であれば「分かりました」と答えたほうが、親近感が湧いていいかもしれません。

「了解しました」を使っても大丈夫な場面

「了解しました」は、同僚や目下の人に対しては使うのはもちろん大丈夫ですが、場合によっては上司に対して使用しても大丈夫です。例えば、距離の近い上司に対して、常に「承知いたしました」では、「仕事と割り切っている」「距離を置かれている」と上司に思われ、距離を縮められない可能性があります。相手との関係性や時と場合によりますが、「承知致しました」と答えるよりも「了解しました」や「分かりました」と答えたほうが、上司との距離が縮まり仕事を円滑に進めることができるケースもあります。それぞれの表現の違いをしっかり覚えて、目的やTPOに合わせた適切な言葉づかいを心がけましょう。

2016/04/14 更新

Copyright © 2019 HUMANTRUST All Right Reserved.