HOME > お仕事をお探しの方 > 選べる4つの働き方 > 紹介予定派遣で働く

選べる4つの働き方

紹介予定派遣で働く

紹介予定派遣とは

紹介予定派遣とは、企業に社員として正式採用される前提(契約社員を前提とする場合もあります)で、まず派遣社員として就業し、派遣期間終了後に、就業先企業とあなたが合意に至れば、企業の社員として正式採用されるというシステムです。
将来的には正社員として働きたいと思っている方で、「勤める会社が自分に合うかどうか不安」「実際にどんな仕事をするのか体験したい」 等お考えの方に、お勧めの働き方です。

紹介予定派遣の仕組み

社員として入社する前に、一定期間(最長6ヶ月)、派遣スタッフとして、仕事内容や能力、職場の雰囲気など、企業及びあなたの双方にとって最適であるか、実務で体験してから就職の意思決定を行います。
アメリカでは約4割を占める採用システムとなっており、入社後の意志の食い違いなどを事前に防げるとして、広く活用されています。
紹介予定派遣は、人材派遣事業と有料職業紹介事業の両事業が厚生労働大臣の許可を得ている派遣会社のみとなります。

紹介予定派遣のメリット

入社前に、仕事の内容、社内の雰囲気などを実務で体験できます。希望する仕事ではなかった、職場になじめなかったといった転職の失敗を解消できるのが最大のメリットです。

メリット1:ジョブカウンセラーがあなたに代わってお仕事探し
一度ご登録頂ければ、ジョブカウンセラーがあなたに代わってご希望に合ったお仕事をお探し致します。
メリット2:実務体験をして判断できる
紹介された企業の雰囲気や仕事内容等が自分に合っているのか派遣期間中(最長6ヶ月)に確認できます。もちろん、条件に合わない場合は、契約期間終了後、ご辞退されても結構です。
メリット3:経験やスキルが不足していても採用されるチャンスが広がる
実務に携わることで、応募書類や面接ではつたわりにくい人柄や働きぶりを企業にアピールすることができるので、採用のチャンスが広がります。
メリット4:入社後の試用期間がない
派遣就業期間が試用期間とみなされる為、入社後あらためて試用期間を設けられることはありません。また、派遣期間の延長はありません。

 


まずはカンタン登録!
今なら素敵なプレゼントが当たります。
Copyright © 2019 HUMANTRUST All Right Reserved.