知れば未来が広がる!おシゴトの事典(ゴトコトテン) >  > 顧客の仕事をシステム化する「SE」の仕事

顧客の仕事をシステム化する「SE」の仕事

2021/06/21
IT・テクニカル
働き方ディクショナリー第9回:顧客の仕事をシステム化する「SE」の仕事

顧客の仕事をシステム化する「SE」の仕事

インターネットが爆発的に普及し、さまざまなIT技術が導入されている昨今、コンピュータシステムの最適化は企業経営における重要事項の1つと言えます。システムエンジニア(以下SE)の仕事は、クライアントの業務や提供するサービスをより扱いやすく最適化することです。SEには専門知識はもちろん必要ですが、クライアントの希望を聞いたり、クライアントが抱える問題を明確にするために、状況を聞いたり、説明したりしなくてはいけないのでコミュニケーション能力も欠かせない職業なのです。

 

混同しやすいSEとプログラマーの職域

SEと聞くと、コンピュータにアルファベットや数字からなるコードを打ち込み、機械を思うように動かす仕事を想像する人も多いのではないでしょうか。そのような作業はプログラミングに該当し、これはプログラマーという技術者が専門とする分野です。SEはクライアントの業務の特性を見極め、それに適したシステムを設計するのが主な業務になります。

設計したシステムを実装する過程ではSE自身がプログラムを作成することもありますが、会社によってはその工程をプログラマーに委譲している場合もあります。プログラマーの仕事がコンピュータにコードを打ち込んでプログラムを作動させることに特化しているのに対し、SEの仕事はクライアントとのコミュニケーションにより、ニーズを聞き出して、システムが問題なく運用できるまでクライアントと連携をとるなど、業務領域はプログラマーよりも広域にわたるのです。

IT企業に就職してシステム開発に関わる場合は、新入社員としてプログラミングを学んだあと、徐々にSEとしての仕事を覚えていくパターンが多いようです。これはクライアントにシステムを提案する際に、その詳細を説明するための基本的なプログラミングの知識が必要なためです。

SEとして早く一人前になるには国家資格である基本情報技術者試験などを受験し、あらかじめプログラミングに関する知識を習得することをおすすめします。

人とコンピュータをつなぐのがSEの仕事

一口にSEといっても、その業務は企業の形態や業態によってさまざまです。企業と工程によって仕事内容はだいぶ変わりますが、基本的にSEの仕事は「上流工程」と「下流工程」に分かれます。

上流工程とは、クライアントのニーズをヒアリングや観察によって明らかにし、内容をまとめる「要求分析・要件定義」、システムを何で構成するか(サーバースペックや開発言語、セキュリティなど)を決める「基本設計」、プログラミングするための細かな設定を行う「詳細設定」などの企画から設計までの段階が含まれます。その後、実際に「プログラミング」を行い、プログラムが単体で正常に機能するかを「テスト」するのが下流工程です。出来上がったシステムを納品する「リリース」や、リリースしたシステムを「保守・運用」することは、どちらかというと上流工程に分類されます。

このように、SEの仕事はデスクワーク以外にも、クライアントや関係部署とコミュニケーションをとって行うものが多く、むしろ人と接する業務に重点が置かれていることがわかります。クライアントがシステムに詳しくなかった場合は、伝え方を工夫して内容を理解してもらい、更にクライアントの希望を的確にプログラミングに変換する必要があります。SEは、異なる言語を持つ『人』と『コンピュータ』を仲介することが仕事とも言えるでしょう。

クライアントとの密な連携が重要な職業

SEとして成長していくにはいくつかのの段階があります。はじめはプログラミング言語や製品知識などの基本的な技術を身につけること、次にさまざまな技術の特性をつかみ、状況に見合った技術を選定・活用することです。ここまでの技術があれば、「下流工程」を自分の力で行うことができるでしょう。

しかし、SEとしての真の実力が試される場面は「上流工程」の業務内容になります。クライアントの事業の柱を理解し、ニーズに合ったシステムを開発することこそがSEのあるべき姿です。コミュニケーション能力を発揮して、クライアントのニーズを的確につかみ、使い易いシステムを構築していくことは、SEの醍醐味といえるでしょう。次に開発したシステムをクライアントの業務に沿った使い勝手にしていく工程があります。ここでは、実際にシステムがうまく導入され、機能するかの検証が行われます。このように、クライアントにとって最適なシステムを提供するためには多くのコミュニケーションを要するということを忘れてはいけません。

SEは学歴や専攻が問われることはあまりありませんが、ITや情報処理の知識を身につけておきましょう。。また、IT業界は技術トレンドの移り変わりのスピードが非常に速いので、常にアンテナを張り巡らせて最新情報をインプットしておくことも大切になってきます。

▼募集中のSEほかIT・テクニカル職種のお仕事一覧はこちらをチェック!

IT・テクニカル職種のお仕事

2021/06/21 更新

Copyright © 2022 HUMANTRUST All Right Reserved.