知れば未来が広がる!おシゴトの事典(ゴトコトテン) >  > 銀行や証券会社で窓口業務や後方事務を行う「金融事務」

銀行や証券会社で窓口業務や後方事務を行う「金融事務」

2021/12/02
その他・専門
働き方ディクショナリー第42回:銀行や証券会社で窓口業務や後方事務を行う「金融事務」

銀行や証券会社で窓口業務や後方事務を行う「金融事務」

一般企業での事務職の仕事を一般事務と呼ぶように、金融業界でその役割を担っているのが金融事務です。主に銀行や証券会社などを職場とし、口座開設・入出金などの窓口業務や電話対応、データの入力・管理といった後方事務の業務を行います。銀行や証券会社を影で支える金融事務の仕事にはどのようなやりがいや苦労があるのでしょうか。

 

金融業で多岐にわたる後方事務を担う重要な仕事

金融事務の仕事は、その名の通り金融系の職場で事務作業に携わる職種です。主に銀行、証券、保険会社など職場環境が幅広く、それぞれ行う業務も異なります。では具体的にどのような違いがあるのか、職場ごとの業務内容を紹介します。

・銀行の金融事務の業務

口座開設・振込み手続きなどの窓口業務

為替・口座振替・手形などの銀行事務センター内での作業

融資やローンに関する事務手続き

電話対応・データ入力

・証券会社の金融事務の業務

ネット上での口座開設手続きなどの証券口座管理

決算データ入力

アナリストレポートの作成補助

海外からのリサーチデータの確認・管理

・保険会社の金融事務の業務

保険のご案内

見積書・申込書の作成

契約内容のチェックや計上

保険金支払い処理

一般事務とは異なり、金融事務は窓口業務も行うため、顧客に金融商品についての説明・販売を行うことがあります。そのため、働く場所によって業務内容は変わるものの、相応の金融知識が求められます。また、お金を取り扱う仕事であるため、一般企業の事務よりも厳格な「正確さ」が求められる点も忘れてはいけません。

「未経験から可能」でも必須となるパソコンスキル

金融事務は未経験でも就ける職業ではありますが、当然ながら相応の事務処理に関する能力が求められます。そして、ワードやエクセルといったパソコンスキルも必須と言えるでしょう。エクセルは関数などの知識があると重宝される傾向にあります。

また、金融事務の経験がない場合も金融に関する知識や証券外務員資格・CFP・AFPといった資格を取得していると優遇されることも十分に考えられます。証券会社の場合はグローバル展開が強まっていることもあり、英語のスキルが求められることも少なくありません。証券会社での金融事務を考えているのであれば、英語の勉強やTOEICを受けておくことも検討してみましょう。

専門性が高くミスが許されないがやりがいも多い仕事

金融事務は、事務と言っても金融という業界の性質上、高い専門性が求められる職種です。業務では大量のデータ、顧客のお金を扱う仕事となるため、正確性とスピードが求められます。また、一般事務とは異なり、窓口で顧客の対応することもあるため、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力が必要となることも忘れてはいけません。そのため、求められることや覚えることも多く慣れるまでは苦労もすることが多い仕事です。その分、専門知識やスキルを身につけられるため、やりがいも一入と言えるでしょう。

「数字を扱うのが好き」「細かい作業に慣れている」「几帳面」な方は、金融事務に向いているかもしれません。未経験だとしても、「未経験OK」といった求人も少なくないため、まずは選択肢の1つとして考えてみてはいかがでしょうか。

金融事務のお仕事に興味がある方は以下のURLをチェック!

金融事務のお仕事

2021/12/02 更新

Copyright © 2022 HUMANTRUST All Right Reserved.