テックとワークとライフ > 「X-Tech」が当然になる?近未来の労働環境

「X-Tech」が当然になる?近未来の労働環境

2019/07/29
フィンテック入門塾第7回:「X-Tech」が当然になる?近未来の労働環境

 

「X-Tech」が当然になる?近未来の労働環境

金融×ITの新たなテクノロジーの考え方として生まれたフィンテックという造語は、日に日に存在感を増しています。フィンテックと同様に語尾に「Tech」をつけた造語が多く存在することをご存知でしょうか。近年テクノロジーは金融だけでなく、さまざまな業界に取り入れられ、進化を続けています。そして、そこから生まれる技術革新が、これからの労働者の働き方を変える可能性は大いにあるでしょう。そうした「X-Tech(産業×IT系テクノロジーの造語)」が当然となる近未来では、どのような労働環境、どのようなワークスタイルが主流となるのでしょうか?

金融以外の産業にも取り入れられるテクノロジー

金融とITの融合からフィンテックという造語が生み出されたのは多くの方がご存知だと思いますが、テクノロジーとの融合を進めている産業は金融だけではありません。実際、フィンテック同様に「Tech」の語尾がついた造語はすでにいくつも生み出され、一般化されています。ここではその中から主だったいくつかの造語を紹介します。

・ReTech(リーテック)

現在、フィンテックの次に来ると予想されているリーテックは、「Real Estate(不動産)」と「Technology」を融合させた造語です。リーテックはすでに社会に浸透しつつあり、普段利用している物件情報を閲覧できるアプリなどがそれに該当します。日本政府が不動産取引にITテクノロジーの活用を検討していることなどもあり、今後ますます注目度は増していくでしょう。

・Edtech(エドテック)

2008年ごろにアメリカで生まれたとされるエドテックは、「Education(教育)」と「Technology」を融合させた造語です。学校や学習塾といった教育の場で使用する知能アプリや、オンラインで行う講義などが当てはまります。以前から存在する通信制教育が、アプリなどに置き換わったものと考えるといいでしょう。

・HRTech(エイチアールテック)

エイチアールテックとは、「Human Resource(人事)」と「Technology」を融合させた造語です。これまで人事業務はすべて人の手によって行われてきましたが、テクノロジーの進歩で人事手続きの自動化や、人材情報の可視化が実現しています。エイチアールテックがスタンダードとなることで、より客観的かつ合理的なシステムの実現が可能になることが期待されます。

進歩したテクノロジーは将来的なスタンダードに

さまざまな「Tech」をはじめ、近年ではAIやIoTといった革新的な技術が急速に普及しつつあります。もちろん、これらのテクノロジーは一般企業にまで普及しているレベルには浸透していません。しかし、すでにITが支える社会となっている現在、熾烈な開発競争を勝ち抜くため各企業に求められているのは、システムやアプリ開発のスピードでしょう。

スピードを考えたとき、人の力では上記のようなテクノロジーにはかないません。そのため、将来的には進歩したテクノロジーを取り入れることが、労働環境においてスタンダードとなっていくはずです。また、テクノロジーが企業1つひとつに深く浸透していけば、当然組織体制も変化していきます。つまり、労働者の働き方も、これまでとは違うものに変化していくと考えておいた方がいいでしょう。

X-Techの駆使が働き方の新たな常識になる時代

現在はまだ一部でしか採用されていないため、X-Techなどのテクノロジーは夢物語のように感じられるかもしれません。しかし、現在当たり前のように使用しているインターネットなども、かつては現在のX-Techと同じようにハイテク技術と見なされていたことを忘れてはいけないでしょう。つまり、いずれはX-Techを活かした働き方が、常識となる時代がやってくるのです。

テクノロジーと共に歩んでいくのが労働者や労働環境にとってのスタンダードになることが予測される中、求められるのは受け身や丸投げの姿勢ではなく「テクノロジーをどう活かしていくか」という前向きな姿勢です。テクノロジーが浸透していけば、人手を割いていた雑多な業務をスマート化することが可能となり、労働者環境が向上していくのは間違いありません。そこで空いたリソースを、どのように有効活用するかについて考えていくことが、これからの時代には求められるでしょう。

 

▼フィンテック&HRテックで人材獲得と人材定着に貢献

給与前払いサービスCYURICAはこちら

2019/07/29 更新

Copyright © 2019 HUMANTRUST All Right Reserved.