ワンポイントマナー

ワンポイントマナー

基本的なマナー

言葉の使い方ケーススタディ

来客の基本

来客が名乗らず、誰だか
わからない
「失礼ですが、お名前を伺ってもよろしいでしょうか」
来客に待ってもらう 「こちちで(少々)お持ちいただけますか」
約束をしているかたずねる 「お約束でいらっしゃいますか」
「お約束をいただいておりますでしょうか」
自分ではわからないことを聞かれた 「(申し訳ありませんが)ただいま確認してまいります。(少々)お待ち頂けますか」
名指しされた人が外出している 「申し訳ございません。○○は外出いたしておりますが、
いかがいたしましょうか」
来客に出直してもらう 「お手数をおかけいたしますが、後ほど改めて
お越しいただけますでしょうか」

来客応対

呼び出して来てもらった人に対して
→「お呼び立てして申し訳ございません」
初めて会うが、名前を知っている
→「○○から伺っておりましたので、お名前はよく存じ上げております」
相手が気をつかってくれたとき
→「お気遣い(お心遣い)いただきまして、ありがとうございます」

上司に対する言葉遣い

(書類を)見てもらう
→「部長、よろしければご覧いただけますか」
手が空いたときに見てもらう
→「お手すきでしたら、お目通しいただけませんか」
ハンコをもらいたい
→「こちらにご印鑑をいただきたいのですが」
先に帰るとき
→「お先に失礼いたします」

※マナーについては、様々なケースがあります。こちらで紹介しましたものは、ごく一般的な内容でまとめてありますので、参考資料としてお役立て下さい。

仕事への取り組み方 基本10か条へ
前のページへ戻る
TOP