HOME > ワンランク上の仕事術
「できる人」が取り入れている仕事の上でのHowToをご紹介
結果を出すための適度な肩の力の抜き方
結果を出すための適度な肩の力の抜き方

仕事をして給与をもらう以上、その対価に見合う成果を出すことは社会人として当然の務めです。しかし、結果を出すことばかりに意識が向いてしまい、無理して頑張りすぎることで疲弊してしまうケースも珍しくありません。成果を出すために…

詳しくはこちら
ビジネスで成功している人が実践している交渉術
ビジネスで成功している人が実践している交渉術

契約や業務提携などを自身に有利な方向性に進めるためには、交渉術が不可欠だと言えます。対クライアント、対上司などさまざまなシーンで交渉が必要になりますが、そのやり方1つで結果が大きく異なることもあります。ビジネスで成功を収…

詳しくはこちら
丁寧すぎる対応が悪印象を与えかねない理由
丁寧すぎる対応が悪印象を与えかねない理由

丁寧な対応はビジネスにおける基本ですが、実は丁寧さを意識しすぎた対応がかえって相手に悪印象を与えてしまうこともあります。相手と良好な関係を保つことは仕事においてとても大切ですから、自身の振る舞いを改めて確認してみましょう…

詳しくはこちら
ビジネスの基本である“質問力”を高める方法
ビジネスの基本である“質問力”を高める方法

ミーティングや取引先との交渉で疑問点や不明点が浮かんだら、自身の勝手な解釈のまま進めるのではなく、質問して正確に理解してから進めるのがビジネスの基本です。的外れな質問を繰り返していると、相手の時間を無駄に使ってしまい、問…

詳しくはこちら
優秀な組織に不可欠なモチベーターの存在
優秀な組織に不可欠なモチベーターの存在

世の中のほとんどの仕事は個々人ではなく、会社、部門などの組織レベルで動くことが大半です。そのため、たとえ優秀な人材がいたとしても、その能力を活かせる組織体制が構築されていなければ、本領を発揮することなく埋もれてしまうかも…

詳しくはこちら
公私充実のためのワークライフバランスの意識
公私充実のためのワークライフバランスの意識

近年、仕事と私生活両方の充実を目指した”ワークライフバランス”という言葉が、多く使われるようになりました。内閣府が推奨するなど、国をあげて公私充実に取り組む動きが高まってきています。しかしながら、ワークライフバランスとい…

詳しくはこちら
日本独自の文化“行間を読む”ことの真意
日本独自の文化“行間を読む”ことの真意

海外、特に欧米では自身の思うことをはっきりと伝えることが良いとされる風潮があります。しかし、日本では相手の考えていることを“察する“ことが美徳であり、“行間を読む”“空気を読む”ともいわれる日本文化はビジネスシーンにも深…

詳しくはこちら
意外と知らない雑談の基本マナーとテクニック
意外と知らない雑談の基本マナーとテクニック

取引先との商談前や会社内でのコミュニケーションなど、多くのビジネスシーンで雑談が用いられます。一見するとただ話しているだけに映るかもしれませんが、雑談が上手な人は場の雰囲気を作ったり、相手の信頼を得たりするなど、ビジネス…

詳しくはこちら
心の余裕があるから実現できる質の高い仕事
心の余裕があるから実現できる質の高い仕事

どんなに冷静で仕事能力が高い人であっても、心に余裕がない状態では質の高い仕事をすることはできません。仕事に弊害をもたらす要因がある場合は、速やかに排除する必要があります。ストレスを多く抱えたまま仕事をすると、効率も下がり…

詳しくはこちら
業務効率アップのための時間短縮術
業務効率アップのための時間短縮術

同じ仕事でも早く終える人もいれば、時間がかかってしまう人もいます。社会人には就業時間があるため、限られた時間の中で最大限の成果を出すことが不可欠です。時間の使い方を考えていないと予定通りに仕事をこなすことができず、多方面…

詳しくはこちら

1 2 3 4 5 10

Copyright © 2017 HUMANTRUST All Right Reserved.